リフォーム事例 リフォーム事例

ホーム > リフォーム事例  > 事例34:開放感を最大限に追求した快適ワンルーム・リフォーム

開放感を最大限に追求した快適ワンルームリフォーム

開放感と快適さを求めて

リフォームのきっかけは、天井のクロス剥がれだったというKさまご夫妻。ところが希望はどんどん膨らみ、ついには3階建てのお住まいのワンフロアをリフォームすることに。
 「生活を楽しもうと考えた結果です」とご主人。「私たちの年齢を考えると、5年先よりもやっぱり今。少しでも早くリフォームして、きれいで快適な住まいに長く住みたいと考えました」と奥さま。
 リフォームの参考に、ご夫婦で総合展示場に行かれる中で、セキスイハイムとの出会いがありました。「アフターフォローのしっかりしているメーカーを選ぼうと考えていたことと、担当の方の対応で決めました。やっぱり人間性ですから」と笑顔で語るご主人。
 Kさまご夫妻が目指したリフォームのポイントは開放感と快適さ。旅行が趣味で、旅先のホテルで過ごされることが多いご夫妻。「ホテルのように、洗面や浴室に行くにも扉のない開放感ある空間」を理想像として描かれました。

明るく開放感あふれる大空間

 リフォームプランでは、寝室やリビング、洗面室の間仕切りを取り払い、思い切りのよいワンルームに。その結果、三方向から採光がとれる明るく開放感いっぱいの大空間が生まれました。
 「明るすぎて日中は照明も必要ありません。風通しもいいですし」というご夫妻。洗面所の壁をなくしたのも大正解だったというご主人、実は吊り天井も取り払って高さも確保しようと考えられたそうですが、それだけは周囲から反対されたとか。
 加えて大空間の利点は掃除がしやすいことだと話されます。「水廻り設備なども掃除のしやすさを考えて選びましたが、ワンルームだと本当に掃除が楽です」と、掃除担当だというご主人(笑)。そんなKさま邸ではお掃除ロボットも大活躍。間仕切りがないから軽快に走ってくれるそうです。「ただ、広すぎて途中でバッテリーがなくなることがあり、ロボットが『もう帰られへん』て言うんです。可愛いですよ」と奥さま。

”暖差”の無いホテルの快適さを求めて

「以前は部屋から出ると寒かったり暑かったり。どこに居ても温度差のないホテルのような住まいができれば快適でしょう」とご主人。そのため最新の設備や建材を納得するまで勉強されたといいます。例えば、次世代の断熱材と呼ばれる高気密・高断熱性能の吹付け材を内壁と天井に施工。空調には人や床の温度を検知して自動で風向き・風量を調整し風当りを与えない天井埋込タイプの業務用エアコンを。さらに、外気の花粉や砂埃をシャットアウトしてきれいな空気だけを室内に取り込み、循環させて排出する熱交換換気システムも取り入れられました。こうした先進の建物断熱と換気・空調システムにより、Kさま邸ではまさにホテルを超える快適な温熱・空気環境を実現されました。
 「思っていた以上に断熱性能がすごい。この夏の暑さもそんなに感じませんでした。これならエアコンはいらなかったかな」とご主人。「遮音性能にも驚きました。以前は道路を走る車の音が気になったのですが、ほとんど聞こえません」と奥さま。
 リフォームに向けて、お二人で様々なメーカーのショールームを見て回られ、勉強された成果が、しっかりとお住まいに現れています。

さらに太陽光発電にも着手

屋内の改装とともに外壁の塗装工事を行い、さらに広々とした屋上には太陽光発電システムも設置されました。Kさま宅はオール電化仕様ですが、10kwを超えるパネルなので再生可能エネルギー全量買取制度が適用され、発電したすべての電力を20年間電力会社が買い取ってくれます。
 「太陽光発電までは考えていなかったのですが、担当者の熱意に応えてしまいました」とご主人(笑)。「自然エネルギーで少しは環境に貢献できるような気がして」とちょっぴり誇らしげの奥さまでした。

大阪府池田市 Kさま

  • ■家族構成/ご主人、奥さま
  • ■リフォーム時期/2014年8月
  • ■リフォーム工期/約2ヶ月半
  • ■リフォーム部位/間取り変更、太陽光発電(10.73kw)、
    外壁塗装、他
  • ■工事費用概算/約2,520万円
  • ■お住まいのタイプ/S造(鉄骨造)
  • ■築16年

※地域・建物の仕様によっては、同じように対応できないケースや、
工事費・工事期間が異なる場合がございます。

ページの先頭へ戻る